個人で使うクラウドサービス

個人ユーザー向けクラウドサービスは中小企業などで利用するものより利用者の趣味・関心・嗜好に突起してバラエティに富んでいます。
無料で利用できるものが多く、一定のデーター容量を超える利用や、より使いやすさを求める場合は料金が発生します。
30GBのストレージを無料で提供しているクラウドサービスがあります。
こういった無料で提供されるクラウドサービスは主に企業の広告です。
その広告を個人ユーザーへ提供するクラウドサービスへ表示することで利益を得ていると言い換えることもできます。
無料のクラウドサービスを有料のクラウドサービスへアップグレードすることによって、その広告を表示しなくできます。
利用料は月額固定方式や年額制方式がおもだっているようです。
個人ユーザー向けクラウドサービを利用する場合は無料であってもユーザー登録をしてからそのクラウドサービスを利用します。
今ではユーザー登録をオープンIDにしているクラウドサービスも多数存在します。
オープンIDとは検索エンジン、SNSのWEBサイトで登録したユーザーIDを他のクラウドサービスでも共有して使うURL形式のIDのことです。
オープンIDの利点は世界中のオープンID対応サイトへ、取得したたった一つのオープンIDでクラウドサービスの利用ができることにあります。
煩雑管理になりがちなIDの管理負荷を著しく軽減します。
個人ユーザーが使うクラウドサービスの信頼性と安全性も注意しなければいけない点で、利用するサービスクラウドの利用規約をよく確認する必要があります。

便利なWEBの情報サイト

Copyright (C)2017発見!こんなウェブ活用術あったんだ☆.All rights reserved.